忍者ブログ
京都で演劇やってます。 「演劇・生活・人間としてのレベルの向上を目指すぜっ!」という大層な目標に向かおうとしていたり、しなかったり。 まったりと、飾らない、自分らしさとか見つけていけたらいいよね。 どーもくんは心の癒し。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    プロフィール
    HN:
    鈴木ちひろ
    年齢:
    26
    性別:
    女性
    誕生日:
    1991/10/15
    職業:
    学生・演劇人
    自己紹介:
    ・しがない学生。
    ・演劇が生きがいみたくなってる毎日。
    ・元々はレイヤーだったりしたのに、な。

    ・食べるの好き。
    ・どーもくんは心の源。
    ・パソコンの名前は“ぱそ子”
    twitter
    @suzukichi_mrsk
    ブログ内検索

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    伝舞企画 第一回公演 「Desperado Party ザ・ラストオーダー」

    *公演終了までTOPになります*


    伝舞企画 第一回公演
    「Desperado Party ザ・ラストオーダー」

    【製作】伝舞企画
    【美術】竹内良亮
    【脚本】みやちゆうき(みやちゆうきのハレ学)
    【演出】近衛虚作(喀血劇場)
    【HP】http://denbu.web5.jp
    【Twitter】@ProjectDenbu


    【日時】
    9月
    20日 18:00~ / 21:00~
    21日 15:00~ / 19:00~
    22日 19:00~
    23日 15:00~/ 19:00~

    【場所】
    京都大学西部講堂

    【予約】
    予約ページへ


    詳細は“続きを見る” で!





    PR

    ダイエッとぉ!!

    ふひひ、こんばんは。
    伝舞企画の本番にむけ、筋トレ・ダイエットに励む日々でございます。
    なぜって…それは……ネタバレになっちまうので秘密です。

    というわけで、最近結構ストイックな生活を送ってます。
    朝を軽めに取り、
    昼を普通に取り、
    夕を抜く。
    そして、炭水化物は昼にちょびっと食う。

    結構きっついですが…今回こそ…『10ヶ月前に激太りした分を元に戻した上に痩せてやる』計画実施中です。
    世の中は

    サバ缶が店頭から消えたりしてますもんね。
    もちろん私もサバ缶食ってます(`・ω・´)キリッ

    んで、最近ハマっているのが

    豆苗栽培。

    これ、巷で流行りらしいんですけど、めっちゃにょっきにょっき生えてくるの!!
    豆苗の食べられない部分(根っこ辺りの部分)を、水を入れた洗面器に入れるんですけど…。

    手前が一昨日入れたやつで、奥のみょーんってなってるのが一週間くらい前に入れたやつ。
    すげぇ生命力!

    これを収穫して炒めものとかにしてます。


    (エビマヨとニラ饅頭がメインですが、奥の草が豆苗です。)

    結構栄養価も高いみたいだし、コスパもいいし、かなり助かってます。
    ぜひおためしあれ!!


    本番まであと少し!!
    私の努力は実るのか!?

    見どころいっぱい伝舞企画。
    よやくはこっちらー!
    ↓↓↓
    予約ページヘ


    今度はちゃんと稽古の話かきます…!

    ではっ。

    ラジオに出たよ!

    こんばんはー。
    ソラトニワ梅田日曜14時から放送されている、
    石原正一さんと彩羽真矢さんのラジオ、
    『umedamon-劇場へ行こう!-』
    今日の特集は、先日出演させて頂きました、筋肉少女!!

    彩羽さんは筋肉少女で日替わりゲスト出演していただき、超人女子学園の生徒たちに"真の男らしさとは"についての授業をしてくださいました。
    宝塚の貫禄、ほんとにすごかったです。
    今日は逆に、こちらがゲストとしておじゃまして参りました。

    ゲストはこちらあああ!

    コンプリート爆弾・近藤ヒデシさんと、私ー。あとから永津真奈さんもご出演!

    初のラジオ、緊張しまくりでした。
    いやはや、なんだか頭のなかが真っ白で、ぜんぜんまともに喋れてなかったような気がしますが、正一さんと彩羽さんのリードに助けられて、なんとかトークすることができたかなと思います!

    憧れのラジオ!
    「ほんとにヘッドホンを付けてしゃべるんだー♪」とか思ってたのは内緒で…(笑)


    筋肉少女の思い出や正一さんの魅力など、たくさんお話しして来ました。
    公開生放送なので、お話している様子をお客様がご覧いただけるんですが、筋肉少女を見てくださった方がいらっしゃっててとっても感動!
    話の内容に頷いて聞いてくださってたり、手を振ってくださったり…。
    直にお客様の反応が見れるってとても嬉しいことですね。

    そして、正一さんの漫画朗読・彩羽さんの「月のワルツ」の生歌素晴らしかったです。
    どちらも圧巻でした。
    幅広い役者になっていきたいです。ほんとに。

    ご清聴いただきました皆様、様子をご覧頂きました皆様、正一さん、彩羽さん、スタッフの皆様、本当に楽しい時間をありがとうございました!

    ソラトニワ梅田"umedamon-劇場へ行こう!-"は、毎週日曜日14時から。
    公開生放送ですので、ラジオの様子をご覧いただくことも可能です!
    ぜひぜひチェック!
    http://www.soraniwajapan.com/radio/umeda/theater.php


    実はですね、親がラジオの一部を録音したデータを送ってくれたんですが、私の声…すごく中途半端で聞くに耐えなかったです…(´;ω;`)
    ほんとにすいません…。
    地声のコンプレックスは未だ拭えないっすなぁ…。


    放送終了後、私とヒデシさんは、阪急うめだのインディアンカレーのお店へ!

    ↑緊張から解き放たれし者の顔


    じゃん!

    めっちゃ辛いということで、私はハヤシライス(笑)
    ヒデシさんからカレーを一口もらったのですが、ほんとに辛かった…。
    でも、スパイシーな香りが豊かで美味しかったです!
    もう少し辛味がなければ食べれたのに…私の舌、無念。
    ハヤシライスはトマトがきいててまろやかな味わい。
    鶏肉と玉ねぎがその味を良い感じにひきたててました。
    うまうまぁー。



    その後、ふらりと祇園祭の宵々山へ。

    長刀鉾おおお!
    やっぱりすごいおっきいなー。
    そしてすっげえ人だなー。
    やっぱり京都にいるなら京都も満喫しないとね。まだ3大祭り制覇したことないのは良くないね…。
    10月の時代祭はいけるかしら…。

    ということで、ものすごい充実した1日でした!
    たくさん、いろんな経験を積んでいきたいです。
    いろんな方や現場、お芝居などなどいろんなことと出会って私もたくさん心の貯蓄をしたいですね。
    もっともっと成長していきたいなあ。明日からまた学校!!!
    まずは単位取らにゃあああ!!!
    ぎゃんばるぜええ。

    食べること。それは生きること。

    こんばんちゃ。

    ゲリラ豪雨が日本列島を襲ってますね。
    ほんとに"ぽつぽつぽ…どばああああああ!!!!"って降ってくるんですね。
    びっくりです。

    と、いうことで、京都の夏。
    あっついです。
    いわきと京都、別の国なんじゃねーのと思うくらい暑い…。
    恐るべし盆地。
    夏でも気温が下がらず、まさにうだるような暑さというべきでしょうか。
    私は今年も暑さにやられております。

    Twitterにもつぶやいてますが、そんな時はさわやかなドリンクを、ってことではちみつれもんを作ってみました。

    あらおしゃれー♡
    (べつに、ミスドとカルピスの回し者ではないです。)

    作り方はとっても簡単。
    ①買ってきたレモン(3個くらい)をよーーーーく洗う。
    ②保存する容器もよーーーーーく洗って、熱湯消毒。
    ③レモンを切る包丁とまな板もよーーーーーく洗う。
    ④レモンを薄く切る。
    ⑤容器に入れて上からはちみつをかける。
    ⑥おこのみですりおろし生姜を入れる。(今回はチューブ1本分ぶちゃあ。)
    ⑦冷蔵庫で保存。

    無添加なのでお早めにね!

    水割り・ソーダ割り、ジンを少々いれたソーダ割りも美味しかったです。
    筋肉少女で荒れまくった喉にも優しい爽やかな味わいでした。
    そして、生姜が体の芯を温めてくれるので、クーラーがガンガン効いてる教室でも何とか耐えられた…はず。
    お試しあれあれー。

    *****

    なーんて、女子力を盛大にアピったところで。
    食べたくなるのが。
    米。
    特にうな重。
    私の家の近くに鰻屋さんがあるんですよ。
    それがもう、いい匂いをね、もんもん放っているわけですよ。
    食べたくならないわけがないじゃあないですかっ!!!

    そうしたら、スーパーに半額で、うな重弁当が売ってたわけです。
    どおおおおおん!!!

    う、うなぎだあああ!
    たまらねぇぜえ…(じゅるり)
    これ、半額で450円。

    どきどき。
    どきどき。
    …ぱくり。

    …え。
    …硬っ。
    ………。

    「かたいよう」

    うなぎをはふはふしながら食べるつもりが、とてつもなくごりごりしておったのです。
    とてもがっかり。
    すごくがっかり。
    かなりしょんぼり。



    そういえば、

    この赤い悪魔。
    こいつはかなりの強者でした。
    ソースの色がまずおかしいな、とは思ったのですが、
    ぺろりと、軽くソースを舐めてみたら。
    むせるレベルの辛さ。
    麺と絡めても辛さは治まらず、口の周りが痛いのなんのって。
    お助けマヨネーズの力を借りてもなかなかの辛さ。
    かなりの時間をかけて完食。
    わりとピリリとしたものは好きなのですが、ピリリとかそういうレベルじゃなくて、ほんとに激辛でした。
    しんどかったー…。
    ペヤングはやっぱり王道に限る…。


    そしてそして、今回は食レポばっかりなんですよ。
    いい穴場を見っけてきました。

    京都赤十字第二病院の食堂みたいな所!(曖昧)
    690円で食べれるセットがなかなかお得ー!

    小鉢もついてて、なかなかのボリューム。
    日替わりハンバーグセットです。
    19時の閉店までこのおねだんだそうで。


    そんなこんなで、
    いろんな食を楽しんでおります。

    …一応、朝と夜は控えめに。
    お昼は普通に食べる、っていうことで、暴飲暴食でデブまっしぐらな食生活ではないです;;


    ではでは。
    どうでも良い話でした。

    【終演】筋肉少女【石原正一ショー】

    どうも、こんにちは。
    テリーマンの娘、棚橋雪乃役の鈴木です。
    米の文字が浮かび上がって、覚醒しましたー!(=◯・_米・´)=◯〃シュッシュッシュ

    というわけで、
    先日、石原正一ショー「筋肉少女」が無事終演しました。
    ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。

    前日くらいまでは梅雨でジメジメしていて、肌寒かった大阪でしたが、晴れ男の正一さんのパワーで仕込み日も含めて本番期間中ずっとお天気に恵まれました!(一度だけゲリラ豪雨があったみたいですが…。)
    晴れるだけで十分なのに、とんでもない暑さまで呼び込んでしまうパワー…(笑)
    夏の到来を筋肉少女と共に感じたような気がします。

    さてさて、
    GWの怒涛のツアーを経た筋肉少女。
    本当にあっという間でした。

    正一さんにお話を頂いたのが去年の11月。
    本チラの撮影をしたのが2月。
    共演者の皆さんと顔合わせ・稽古が始まったのが4月初旬。
    (帰省していて3月の稽古に出れなかったので…。)

    そして、5月。
    アゴラの舞台に立つ。
    ABCホールの舞台に立つ。
    コモンカフェの舞台に立つ。

    教育実習を経て。

    稽古再開の6月下旬。

    迎えた7月。

    インディペンデントシアター1stの舞台に立つ。

    1st、のるてちゃんの大阪公演もここ。
    正一さんと一番最初に出会ったのもここ。
    (のるてちゃんの日替わりゲストで出演していただいたのです。)

    ……この数ヶ月、たくさんの出会いの中でいろんな事を考え、苦悩して、行ったり来たりして、原点戻ってきたって感じがしました。

    初めて大阪を中心に活動している劇団さんに出演させていただいたのですが、
    共演者さんたちとの圧倒的な経験値の差や、初めてのダンス、短い稽古時間にかぶる授業…と八方塞がりでどうなるものかとずっと不安なまま稽古をしていました。
    また、自分のことでいっぱいいっぱいでなかなか周りに気を配ることもできず、沢山の方々に迷惑をかけてしまったなと反省ばかりです。
    あと、常識の無さ…。

    そして、迎えた本番。
    こまばアゴラ劇場。
    のるてちゃんの東京公演もここだったなぁ…なんて感傷に浸りつつ。

    鏡前に、「鈴木ちひろ 様」なんて名札を貼っていただけるとは思わなかったのです。



    初めてダブルコール(時にはトリプルコール)も頂いたり、お客様からTwitterを通してお褒めの言葉を頂いたりと、不安を自信に変える暖かさに触れました。



    そして、アゴラからとんぼ返りで大阪ABCホールへ。
    初めてのテレビ局のステージ。
    ↓完全に社会科見学の子供状態だったのですが…(笑)

    「筋肉少女予告編」の20分バージョン。
    広い舞台で本当に気持ちのよい20分を体感して来ました。
    小劇場とは違う構造なので、声を飛ばすための意識がより洗練されて、丁寧な演技になったような気がします。
    またこの舞台に立てるように頑張ろう!と思った一日でした。

    そして、特別に溝端さんスペシャル、「ザ・ニンジャ」の娘さんが登場!

    「にんにん!」

    そしてそして、コモンカフェへ。

    広さの関係上、囲み舞台になりました。
    全面お客様から見ていただく、という初体験の緊張感。
    そして、死角にならない配慮、と、かなり難しくも有りましたが、動きに幅が出て楽しいステージとなりました。
    マッスル・ドッキングは2回もやったしね!
    打ち上げでは、みんなでマカンコウサッポウをやるはじけっぷり。

    ぶっ!!

    ふはぁ!

    ぱほほほほーん

    とわぁ!


    ↑そして落下。


    …と、和気藹々と楽しんできました。



    一ヶ月半後。
    教育実習を経ました。


    帰ってきた大阪!!
    インディペンデントシアター1st!!!



    筋肉少女パーカーも作ったんですよ!
    しかも非売品ですぜ。
    かわゆい!でも、暑い…(笑)


    素敵なケーキの差し入れまでも!!
    疲れた体に甘さが染み渡って、とっても美味しかったです。

    3日目の夜には、セリフにも出てくる大国町の無鉄砲ラーメンに!


    「スープがどろんどろ〜ん!」
    一応これ、Wスープ(とんこつ:醤油=6:4)だったのですが、それでもどろんどろん。
    魚介ベースであっさり系?とおもいきや、しっかりした味付け。
    案の定胃もたれしましたが、うまうまでした。

    あと、日本橋のオタロードにチラシ配りにも行って来ましたよ!


    この時配ったチラシを見てきてくださったお客様もいらっしゃって、嬉しい限りです!


    7日の夜ステは1回限りの溝端さんバーション。

    病弱設定のブロッケンjrの娘と、
    妖術好きのザ・ニンジャの娘(神取忍ちゃん)の二役でした。
    ニンジャさんの破壊力すごかったです(笑)

    そして、楽ステ。

    ともちゃんさんと!
    実は、バスタオルへの着替えの時にいつも手伝って頂いてたのですが、
    私の体型をしっかり把握されてしまっていて…、本番中に「ふとった?」って言われておりました(笑)
    あわわぁああ。


    /いってきまーす!\


    私の小道具。Kis-My-Ft2の北山くん。
    ある回に、「玉森の“2”」というセリフミスをしたせいで、「きすまい ふっとぅとぅー」という謎のユニットを生み出してしまったのでした。
    あと、お札遊びのせいでぺにゃんぺにゃんです。

    あと、右目下の泣きぼくろ。
    これを書くと圧倒的に噛まない!!
    この願掛けすごかったー(笑)
    黒猫を意識してみただけだったんですがね、なんかすごい秘めたるパワーを持ってましたよ。



    終演後、みんなのおかみさん、生田さんと一緒に!

    本当にかっこいい中野のおかみさんでした。



    …というわけで、
    筋肉少女、全日程終了です。


    ご来場頂きましたお客様、
    共演者の皆様、
    スタッフの皆様、
    そして、お声をかけてくださった正一さん、
    本当にありがとうございました!

    この座組の中で学ぶことは本当にたくさんありました。
    自分がその中でどう動くべきなのか、なにをすべきなのか考えた2ヶ月になったと思います。

    大阪でもダブルコールをいただき、拍手をいただき、涙を流して喜んでくださるお客様もいらっしゃって、この演目がいろいろな方に愛されているんだなと心から思いました。
    そんな素晴らしい舞台に立たせていただいたことは本当に幸せでした。

    お客様が少しでも日常を忘れて楽しんでいただけたら幸いです。

    ありがとうございました!


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]