忍者ブログ
京都で演劇やってます。 「演劇・生活・人間としてのレベルの向上を目指すぜっ!」という大層な目標に向かおうとしていたり、しなかったり。 まったりと、飾らない、自分らしさとか見つけていけたらいいよね。 どーもくんは心の癒し。
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    プロフィール
    HN:
    鈴木ちひろ
    年齢:
    26
    性別:
    女性
    誕生日:
    1991/10/15
    職業:
    学生・演劇人
    自己紹介:
    ・しがない学生。
    ・演劇が生きがいみたくなってる毎日。
    ・元々はレイヤーだったりしたのに、な。

    ・食べるの好き。
    ・どーもくんは心の源。
    ・パソコンの名前は“ぱそ子”
    twitter
    @suzukichi_mrsk
    ブログ内検索

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    【終演】筋肉少女【石原正一ショー】

    どうも、こんにちは。
    テリーマンの娘、棚橋雪乃役の鈴木です。
    米の文字が浮かび上がって、覚醒しましたー!(=◯・_米・´)=◯〃シュッシュッシュ

    というわけで、
    先日、石原正一ショー「筋肉少女」が無事終演しました。
    ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。

    前日くらいまでは梅雨でジメジメしていて、肌寒かった大阪でしたが、晴れ男の正一さんのパワーで仕込み日も含めて本番期間中ずっとお天気に恵まれました!(一度だけゲリラ豪雨があったみたいですが…。)
    晴れるだけで十分なのに、とんでもない暑さまで呼び込んでしまうパワー…(笑)
    夏の到来を筋肉少女と共に感じたような気がします。

    さてさて、
    GWの怒涛のツアーを経た筋肉少女。
    本当にあっという間でした。

    正一さんにお話を頂いたのが去年の11月。
    本チラの撮影をしたのが2月。
    共演者の皆さんと顔合わせ・稽古が始まったのが4月初旬。
    (帰省していて3月の稽古に出れなかったので…。)

    そして、5月。
    アゴラの舞台に立つ。
    ABCホールの舞台に立つ。
    コモンカフェの舞台に立つ。

    教育実習を経て。

    稽古再開の6月下旬。

    迎えた7月。

    インディペンデントシアター1stの舞台に立つ。

    1st、のるてちゃんの大阪公演もここ。
    正一さんと一番最初に出会ったのもここ。
    (のるてちゃんの日替わりゲストで出演していただいたのです。)

    ……この数ヶ月、たくさんの出会いの中でいろんな事を考え、苦悩して、行ったり来たりして、原点戻ってきたって感じがしました。

    初めて大阪を中心に活動している劇団さんに出演させていただいたのですが、
    共演者さんたちとの圧倒的な経験値の差や、初めてのダンス、短い稽古時間にかぶる授業…と八方塞がりでどうなるものかとずっと不安なまま稽古をしていました。
    また、自分のことでいっぱいいっぱいでなかなか周りに気を配ることもできず、沢山の方々に迷惑をかけてしまったなと反省ばかりです。
    あと、常識の無さ…。

    そして、迎えた本番。
    こまばアゴラ劇場。
    のるてちゃんの東京公演もここだったなぁ…なんて感傷に浸りつつ。

    鏡前に、「鈴木ちひろ 様」なんて名札を貼っていただけるとは思わなかったのです。



    初めてダブルコール(時にはトリプルコール)も頂いたり、お客様からTwitterを通してお褒めの言葉を頂いたりと、不安を自信に変える暖かさに触れました。



    そして、アゴラからとんぼ返りで大阪ABCホールへ。
    初めてのテレビ局のステージ。
    ↓完全に社会科見学の子供状態だったのですが…(笑)

    「筋肉少女予告編」の20分バージョン。
    広い舞台で本当に気持ちのよい20分を体感して来ました。
    小劇場とは違う構造なので、声を飛ばすための意識がより洗練されて、丁寧な演技になったような気がします。
    またこの舞台に立てるように頑張ろう!と思った一日でした。

    そして、特別に溝端さんスペシャル、「ザ・ニンジャ」の娘さんが登場!

    「にんにん!」

    そしてそして、コモンカフェへ。

    広さの関係上、囲み舞台になりました。
    全面お客様から見ていただく、という初体験の緊張感。
    そして、死角にならない配慮、と、かなり難しくも有りましたが、動きに幅が出て楽しいステージとなりました。
    マッスル・ドッキングは2回もやったしね!
    打ち上げでは、みんなでマカンコウサッポウをやるはじけっぷり。

    ぶっ!!

    ふはぁ!

    ぱほほほほーん

    とわぁ!


    ↑そして落下。


    …と、和気藹々と楽しんできました。



    一ヶ月半後。
    教育実習を経ました。


    帰ってきた大阪!!
    インディペンデントシアター1st!!!



    筋肉少女パーカーも作ったんですよ!
    しかも非売品ですぜ。
    かわゆい!でも、暑い…(笑)


    素敵なケーキの差し入れまでも!!
    疲れた体に甘さが染み渡って、とっても美味しかったです。

    3日目の夜には、セリフにも出てくる大国町の無鉄砲ラーメンに!


    「スープがどろんどろ〜ん!」
    一応これ、Wスープ(とんこつ:醤油=6:4)だったのですが、それでもどろんどろん。
    魚介ベースであっさり系?とおもいきや、しっかりした味付け。
    案の定胃もたれしましたが、うまうまでした。

    あと、日本橋のオタロードにチラシ配りにも行って来ましたよ!


    この時配ったチラシを見てきてくださったお客様もいらっしゃって、嬉しい限りです!


    7日の夜ステは1回限りの溝端さんバーション。

    病弱設定のブロッケンjrの娘と、
    妖術好きのザ・ニンジャの娘(神取忍ちゃん)の二役でした。
    ニンジャさんの破壊力すごかったです(笑)

    そして、楽ステ。

    ともちゃんさんと!
    実は、バスタオルへの着替えの時にいつも手伝って頂いてたのですが、
    私の体型をしっかり把握されてしまっていて…、本番中に「ふとった?」って言われておりました(笑)
    あわわぁああ。


    /いってきまーす!\


    私の小道具。Kis-My-Ft2の北山くん。
    ある回に、「玉森の“2”」というセリフミスをしたせいで、「きすまい ふっとぅとぅー」という謎のユニットを生み出してしまったのでした。
    あと、お札遊びのせいでぺにゃんぺにゃんです。

    あと、右目下の泣きぼくろ。
    これを書くと圧倒的に噛まない!!
    この願掛けすごかったー(笑)
    黒猫を意識してみただけだったんですがね、なんかすごい秘めたるパワーを持ってましたよ。



    終演後、みんなのおかみさん、生田さんと一緒に!

    本当にかっこいい中野のおかみさんでした。



    …というわけで、
    筋肉少女、全日程終了です。


    ご来場頂きましたお客様、
    共演者の皆様、
    スタッフの皆様、
    そして、お声をかけてくださった正一さん、
    本当にありがとうございました!

    この座組の中で学ぶことは本当にたくさんありました。
    自分がその中でどう動くべきなのか、なにをすべきなのか考えた2ヶ月になったと思います。

    大阪でもダブルコールをいただき、拍手をいただき、涙を流して喜んでくださるお客様もいらっしゃって、この演目がいろいろな方に愛されているんだなと心から思いました。
    そんな素晴らしい舞台に立たせていただいたことは本当に幸せでした。

    お客様が少しでも日常を忘れて楽しんでいただけたら幸いです。

    ありがとうございました!

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [41]  [36]  [40]  [38]  [37]  [35]  [32]  [34]  [33]  [29]  [31


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]